スポンサーサイト

  • 2009.09.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第38回

  こんばんは。 だんだん夜が寒くなってきましたね。私は夜11時半に退勤なのですが,
昼が暑くて夜が寒いので, 予備校を出るときは少し寒くてビックリしてしまいます。
今全ての仕事が終わって, ちょっとホッとしているところです。 では本日の題材です。
  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           
使役動詞 have と get について
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まずは英作文問題です。次の下線部の日本語を英語にしてみてください。
 
 1. 昨日,床屋で髪を切った
  2. 昨年,家を建てた。今はローンの支払いに大変だ。
 3. 昨日,この作文を先生に添削してもらった


  解答はいったん保留にして, 本題に入ります。
  第34回で,「〜させる」は多種多様!というテーマで, make, let,
 force, oblige, coerce, compel, allow
の使い方を紹介しました。

 今日はさらに使役動詞を2つ紹介します。今回紹介するhave, get は,
 第34回とは別にして学習することを勧めます。たいていの文法の解説書
 では同じグループにして紹介していますが, 使い方も意味も異なります
 ので,ぜひとも分けて学習しましょう。

  では使用上の注意点を2つ紹介します。2つともとても大切です。

  青色,赤色の部分の動詞の形をしっかり押さえる。 この箇所は
    一般の文法の本にも紹介されている内容ですので, 例文のみ
   示しておきますね。
        

     ex. I had the porter carry my suitcase. 原形
      (私はポーターにスーツケースを運んでもらった。)

     ex. I had my suitcase carried by the porter. 過去分詞形
    (私はスーツケースをポーターに運んでもらった。)

     ex. I got the porter to carry my suitcase. to原形
    (私はポーターにスーツケースを運んでもらった。)
           (ttに注目すると覚えやすい。)

     ex. I got my suitcase carried by the porter. 過去分詞形
    (私はスーツケースをポーターに運んでもらった。)

    使う場面(いつどんな場面で使うべきか?)について
    ここが特に大切です。

  ★ア. 発言者が当然やってもらう権利や立場を持っている場合

   イ. 発言者が持っているもの(人)に被害を受ける場合
          ※「持っている」場合なのでhaveが使われるのですね。

    → このうち, アがとても重要で, 大半がアの意味で使われ
      ます。 よってアの場合のみに絞って説明しますね。
        
   ここで冒頭の英作文問題に戻ります。
   
       1. 昨日,床屋で髪を切った  
         ×I cut my hair at the barber's yesterday.

           このように言うと, まるでコントのような出来事になって
     しまいます。cut したのはあくまで私(I)です。つまり,
         床屋へ行って, 自分の手ではさみを使って髪を切ったと
     言っていることになります。完全なセルフサービス店なら
     問題ないのですが…

     では一体誰が「髪を切った」のでしょうか? もちろん
     プロ職人である「床屋」ですね。

    
         ここでhave の出番です。「当然やってもらう権利や立場
         を持っている」のが私ですね。お金を支払っているのだから
     床屋では髪を切ってもらうべき立場にいます。
     
     そこでこのようにプロの職人にお金を払って依頼する
     場合は,
          had my hair cut at the barber's yesterday.  
             と言います。

   2. 昨年,家を建てた。今はローンの支払いに大変だ。

           ×I built a house last year. 
              このように言うと, 本当に家の設計から建設まですべて
     自分でやったことになります。 実際は大工さんに依頼
     して家を建ててもらったわけですから,
    had a house built last year.
      と言うべきです。
   
   
3. 昨日,この作文を先生に添削してもらった
        △ had this essay corrected by the teacher.
               大学受験の英文法のテキストには時々このような英文を
      見かけるのですが, 使い方としてはよくありません。
      文法的には問題ないのですが, 使う場面をよく理解して
      おくべきです。
      
      ここでの生徒(I)の姿勢は, 「お金を払っているん
           だから作文を添削してもらう権利を持っているんだ
           と言っているわけです。やや偉そうなものの言い方に
           聞こえます。できたら避けておくべきでしょう。

    ○ asked  the teacher to correct this essay.
                このように言うほうが無難です。

     逆に上司が, 何か仕事を部下にさせる場合は, 積極的に
      haveを使ってもいいわけです。当然,やらせるべき立場を
        持っているから
ですね。

           TOEIC でよく見かける例文を最後にどうぞ。

    
         ○ will have him call you back.
              
(彼に折り返し電話をかけさせます。)

     実はhave持っている)の意味をどこまでも失っていない
       のですね。そんな発見を面白いと思ってもらえれば幸いです。
  
 See you next time.


               以下をクリックしていただけると励みになります。
     人気ブログランキングへ TREview 


第37回

   夏が終わり, だんだん涼しくなってきましたね。 本業のほうが忙しく, しばらく更新が
ストップしていました。 今日からまた再開します。  どうしても季節講習会の時期は忙しく
なりそうなので, 更新頻度が少なくなりますが, 今後ともよろしくお願いします。では本日の
題材です。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           英語の「最近」には2通りあり!
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  早速問題です。次の日本語を英語にしてみてください。特に赤字,青字
  に注意しましょう。

    問題1「最近この町に引っ越してきたんだ。」
   問題2「最近,めちゃくちゃ忙しいんだ。」
  
  「最近」という言葉の使い方に関して, 大学入試の英作文ではかなりの
 頻度で出題されています。実は,日本語と違って,英語の「最近」には,
 大きく分けて,2通りの言い方があります。先ほどの問題1と問題2では,
 違った語句を使います。 

      問題1の答:I (have) moved to this city recently.
      問題2の答:I am really busy these days
   
   ではその「2通り」を具体的に見ていきましょう。以下に挙げる語句は
 必ず覚えてくださいね。

       lately /  recently 
        today  / nowadays /  these days 

    まず の使い方から見てみましょう。これは,「少し前に」の意味に
 近いものです。例文を見てみましょう。
  
   ex. I moved to this city recently.
          最近この町に引っ越してきたんだ。)
      ex. Recently the population of this city has increased.
  
      palindrome

     少し前に」の意味に近いため, 「過去形」および「現在完了形
  と一緒に使う点も大切です。

  次に の「最近」ですが, これは「今現在」の意味に近いものです。
  
   ex. I am really busy these days.
           最近めちゃくちゃ忙しいんだ。)
     
ex. Today there are a lot of people traveling abroad
           最近海外旅行に行く人が多い。)
    
    また「今現在」という意味に近いため, 「現在形」と一緒に使う
   点も大切です。

     つまり,「最近」という言葉を英語にするときはいつでも, まず
    少し前に」という意味なのか? ◆今現在」という意味なのか?
   を立ち止まって考えてみることが大切です。 

   また時々,in recent years 近年」 という表現にでも出会いますね。 これは
    もちろん recent が含まれていますので,  「過去形」および「現在完了形」で使う
   ようにしましょう。

   See you next time.
           以下をクリックしていただけると励みになります。
     人気ブログランキングへ TREview 

第36回

  こんばんは。 いかがお過ごしですか。 私はあと4日で夏期講習前半が終了, 今日から
高3生の英作文の授業です。お盆休みまであともうひとふんばりです。
さて, では本日の題材です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             「1」をあえて言ってから否定する
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 つい先日のことです。勤務先の予備校の授業にて次のような英文を扱い
ました。 ここで使っている助動詞 would は,「どうしても〜しようとした。」の意味で使っています。

  ex. The horse stopped and wouldn't move an inch. 

 しかし授業後,「英文の意味がよく分かりません, 特にmove an inch
って
何ですか?」という質問が数多く出ました。みなさんはどのように
考えますか?

 
 実はこの英文を理解するには,「no not a 」ということを理解して
おかなくてはいけません。

 難しく考えないで下さい。日本語とまるっきり発想が同じなので,少し
その点に着目するだけで, 謎が氷解します。ただしno が「ゼロ」を表す
ことは知っておいてくださいね。
  


 例えば, 次の2組の日本語の意味は同じですね。

   ○ 今日,テストで全く点が取れなかった。(得点がゼロ
    ○ 今日,テストで1点も取れなかった   (1点をあえて言ってから否定

  ○ 僕には兄弟が全くいない (兄弟がゼロ
  ○ 僕には兄弟が1人もいない。(1人をあえて言ってから否定

  ○ 彼は会議で全く話さなかった。 (発言がゼロ
  ○ 彼は会議で一言も話さなかった。1言をあえて言ってから否定

  ○ 今,お金が全くないんだ。 (お金がゼロ
  ○ 今,お金が1円もないんだ。(1円をあえて言ってから否定


 もうお分かりですね。不思議なことに, 我々は強い否定表現にわざわざ
 1を登場させてから否定という,結構まわりくどいことをしています。
 なぜかこの数字が2であったり, 3であることはありませんね。
  例えば,

  ?俺の彼女には指3本触れさせない
  
 はおかしいですね。

  ○ 俺の彼女には指1本触れさせない

 が正しいです。英語も全く同じで, わざわざ1を表す, a を言って, 
 否定することがあります。 例を見てみましょう。

     ex. He did not say a word at the meeting.
              (彼はその会一言も話さなかった。)

         ex. Not a person could be seen on that street.
      (その通りには1人も見られなかった。)

         ex. I did not spend a penny yesterday.  
      (昨日は1ペニーも使わなかった。)    
     pennyはイギリスの貨幣単位で, これがちょうど日本語の
      「1円も使わなかった。」にあたる表現です。

  まわりくどい言い方ですが, 日本語と全く発想が同じなのが, 面白い点
 だと思いませんか? なお英語ではこの「1」を強調するために,次の
  ように, not a single と表現することがあります。

    ex. He did not say a single word at the meeting.
              (彼はその会一言も話さなかった。)

   さてお待たせしました。冒頭の日本語の意味にそろそろ決着をつけ
  ましょう。

 

    ex. The horse stopped and wouldn't move an inch. 
      (その馬は立ち止まって,1インチも動こうとしなかった。)
  
  直訳はこのようになりますが,1インチという単位そのものが日本人に
   とって馴染みのないものですね。もしこれが「1センチも動こうとしな
   かった」と訳出するなら, ずいぶん分かりやすい訳になりますね。

  しかし長さの単位を変えて訳出するのも不自然なので,以下の訳で完全
  決着をつけましょう。
   
      (その馬は立ち止まって, 全く動こうとしなかった。)


   まわりくどい表現なのに, 否定の発想が同じであるという点が理解
  できれば,面白味が増しますね。


    

     See you next time.

                  以下をクリックしていただけると励みになります。

     人気ブログランキングへ TREview      
 


第34回

  こんにちは。 あっという間に8月になりましたね。 私が勤めている予備校では, 夏期講習の真っ只 中です。生徒たちもみんな必死です。 暑さに負けないように, 今気合いを入れているところです。
さて本日の題材に移ります。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             
「〜させる」の動詞は多種多様!
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     英語を読み書きしていると,「〜させる」という意味の動詞を頻繁に目にします。
  しかし,「〜させる」の意味を持つ動詞は結構たくさんあります。 最近よく生徒に言うこと
  ですが, 「似ているものは個別に覚えずに,まとめて覚える」ことが重要です。

             早速次の日本語を英語にしてみましょう。
 
             「父は私に一人暮らしをさせた。」 
   
   → では「〜させる」に相当する動詞に登場してもらいます。 
     make / let / force / oblige / coerce / compel 
      / allo

        この動詞の中で, force からallowそれぞれ単語の中にoが含まれて
     いますね。 ここに注目すると, 使い方を理解するのに大変便利です。

        では次にそれぞれの動詞を使って先ほどの日本語を英語にしてみます。
     それぞれ「使い方」と「意味」の両面から考えていきましょう。
     まずは「使い方」に注目してみます。青色赤色の部分に注目してください。
    
    
   My father made me live on my own.
    My father let me live on my own.
    My father forced me to live on my own.
    My father obliged me to live on my own.
    My father coerced me to live on my own.
    My father compeled me to live on my own.
    My father allowed me to live on my own. 
              (父は私に一人暮らしをさせた。)
     
     使用上の注意点は, 青色の2つの動詞はliveをそのままの形(原形)にすること。
   そして, oが含まれている赤色の5つはto liveの形にすることです。 大学入試
   のみならず, 英語の試験の全てでよく出題されるポイントです。

   
   次に7つの英文が表す「意味」についてもう少し深く考えていきましょう。
   実はこの7つの英文の意味は全て同じではなく,真っ二つに割れます。
   先ほどの英文に再登場してもらいましょう。

   「強制」 My father made me live on my own.
    「許可」 My father let me live on my own.
    「強制」 My father forced me to live on my own.
    「強制」 My father obliged me to live on my own.
    「強制」 My father coerced me to live on my own.
    「強制」 My father compeled me to live on my own.
   
 「許可」 My father allowed me to live on my own. 
              (父は私に一人暮らしをさせた。)

     緑色で示した英文は「強制的な意味」を持ちます。 ここでの意味は,
         「私は一人暮らしをしたくないのに, 父は無理やりさせた。」となります。

     一方ピンク色で示した英文は「許可」です。 ここでの意味は,
         「私は一人暮らしをしたがっていて, 父はそれを許してくれた。」となります。

   このように, ややこしい部分であるだけに, 「使い方」と「意味」の両面から
    まとめて理解しておくことがとても重要です。 

     では最後に一つ文法問題を解いてください。 次の英文の(   )内に最も適する
   語を 銑い里Δ舛ら1つ選んでください。

  My mother did not (    ) me  to travel alone,
   though I wanted to. 
           allow    let     force     make

    正解は,任后 「母は私が一人旅をしたがっていたのに, させてくれなかった。」
    となりますね。 「許可を出してくれなかった。」と考えてください。 

    
See you next ime.
人気ブログランキングへ TREview  

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
大矢英作文講義の実況中継―高2~大学入試 (実況中継シリーズ)
大矢英作文講義の実況中継―高2~大学入試 (実況中継シリーズ) (JUGEMレビュー »)
大矢 復
英作文の勉強が全然手をつけられていない大学受験生および英語はある程度読めるが, 書く作業に苦手意識のある方にお勧め。
recommend
Hyper 語源とイラストで一気に覚える英単語 (アスカカルチャー)
Hyper 語源とイラストで一気に覚える英単語 (アスカカルチャー) (JUGEMレビュー »)
清水 建二
現在市販されている単語集の中では最も優れているのではないかと思う。
recommend
語源とイラストで一気に覚える英単語 (アスカカルチャー)
語源とイラストで一気に覚える英単語 (アスカカルチャー) (JUGEMレビュー »)
清水 建二,William Currie,中田 達也
単語力不足を克服したいけれど、その方法が判らない」というジレンマを克服
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM